保育の仕事を目指すなら|独学でもしっかり行政書士の知識を得られる

独学でもしっかり行政書士の知識を得られる

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

保育の仕事を目指すなら

メンズ

資格の取得方法

保育士として仕事をするには、国家資格である保育士資格が必要です。保育士資格を取得する方法は2種類あります。1つ目は、厚生労働省が指定する保育士の養成学校(4年制大学、短大、専門学校)を卒業すること。試験を受けなくても卒業と同時に保育士資格が得られます。2つ目は、保育士国家試験を受験すること。学歴によって受験資格が異なっており、最終学歴が中学もしくは高校の場合は、保育所や児童養護施設など、児童福祉施設での実務経験も必要になります。独学での合格率は低いので、何らかの養成学校に通うのが一般的な方法でしょう。どの形態の学校を選んでも取得できる資格は同じなので、なるべく早く保育士として働きたいとか学費を低く抑えたいのであれば、短大か専門学校が向いていますし、じっくり時間をかけて学びたいのであれば4年制大学がいいでしょう。

選ぶ時に注意すること

保育士資格を取得するために専門学校に通うことを選ぶ時は注意が必要です。保育士の専門学校は、厚生労働省の指定を受けた「指定校」と指定がない「併修校」の2種類があります。指定校の場合は卒業と同時に保育士資格が取得できるというシンプルな構造ですが、併修校の場合は少し複雑になります。併修校は、専門学校で専門知識を学びながら、短大などの通信課程も同時に受けることが必要です。夏休みなどには一定期間のスクーリングもあり、短大側で必要となる単位を修得して卒業しないと資格が得られません。また、通信課程を受ける時の学費が、専門学校とは別になることもあるので、併修校に行く場合は、学費がトータルでどのくらい必要になるのかを調べておくといいでしょう。